FX取引ルール確立のために

取引方針が定まらぬ臆病者の外国為替証拠金取引の行方。 取引ルールの柱にテクニカルな売買サインを導入中。システム開発状況を全て公開。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内容、長さ、文体、構成を比較すると

前回まで、大御所ブログが2005年夏から秋にかけて変貌していることを見てきました。
今回は、実際にブログの内容を読んで比較したいと思います。
とは言っても引用するのはやめて、読み方を書いてみます。
以下の方法でブログを読んでみてください。
やっぱり違うんじゃないかと思えてなりません。

読み方: 
1 月を決める
2 年を変えて2日分ぐらいの今日のポジションを読む

ブログは 人気blogランキング56位ぐらい

ポイント:
内容、長さ、文体、構成を比較する

感想:
2004年は短く要点を述べている。
売り買いしているので、売買判断の理由が書かれている。
一つの売買手法として提示されている。
経済市況の記述が目立つ。

2006年以降、値動きについての記述が比較的長い。
レジスタンス、サポートがどのへんかという記述のみ。
実際にどこでポジションを取るのかといった実践的な情報になっていない。
最近は、自画自賛的記述が目立つ。


最近はカレンダー販売のプロモーションをやっているので、
経済市況の記述がある。
一時期は、指標なんて関係ないと発言していた。
記述内容は、ブログ筆者の信念に基づくというよりも、
目的に合わせているように思える。
スポンサーサイト

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fxrun.blog55.fc2.com/tb.php/925-d7affaf4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。