FX取引ルール確立のために

取引方針が定まらぬ臆病者の外国為替証拠金取引の行方。 取引ルールの柱にテクニカルな売買サインを導入中。システム開発状況を全て公開。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大御所は何故円安論者なのか

大御所は何故円安論者なのか。

大御所ブログの顧客対象は、FXを始めて3年以内の初心者だと思う。
FX王口座開設とFX参考書の販売が主な収益源だとすると、
メインの顧客は3年以内の初心者になる。
これ以上の経験のある個人投資家は、すでに何らかの参考書を読んでいため
多くは望めないが、口座開設については日本人の多数派心理を利用して誘導する
方法が得策と考える。

日本人の為替の売買比率は、円売りが圧倒的に多く、心情的にも円で外国通貨
を買うことが好まれている。この傾向は、特に初心者において強い。
その顧客に口座開設してもらい取引を推進するには、
顧客が潜在的に持っている円売り指向に合わせて為替動向記事を掲載し、
顧客の行動を後押しする方法が得策と考える。

一般的に評論家は、円安だとか円高だとか、その時々の情勢により主張を
展開するが、過去に一度も売買比率が逆転したことが無い。
このことを考えると多数派である円安指向の心理状況に合わせて
相場解説を展開し、顧客との一体感を作り出すことによって、
口座開設に誘導する方法が妥当だと考える。

また、ドル円の推移を長い期間でみた場合、上昇期間が下降期間よりも長い。
これは取りも直さず、円安論調の方が相場動向に合っている時間(日数)が
長いことを意味する。
顧客のブログへの信頼感を獲得する方法として論調の正答率があるが、
この意味でも円安論調が基本と考えられる。

以上によりブログの基本論調は円安になっていると考える。
**********************

上記のように考えないと、かのブログは理解できない。
かのブログはこちらの53位ぐらい
他のブロガーはこちら
最近、かのブログを読んで、書き手の感情が伝わってこないなあと思う。
なぜなのか分かったら書いてみます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fxrun.blog55.fc2.com/tb.php/886-df33dcf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。