FX取引ルール確立のために

取引方針が定まらぬ臆病者の外国為替証拠金取引の行方。 取引ルールの柱にテクニカルな売買サインを導入中。システム開発状況を全て公開。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1ポジション成仏しました いつか復活させます

23日
私情:
朝の経済ニュースがドル円97.50を表示していた。
逆指値が約定したはずで、チャートのチェックもせずに家を出た。

損切りせずに持ちこたえる作戦を修正して、
損切り価格より下で長期ポジションとして再度復活させることにする。
別口座にして3年ぐらいほったらかしにする予定。

大きな含み損を抱えるポジションを持っていると、
追加ポジションを作るときの気持ちに影響する。
長期玉を別口座にしても理論的には同じだが、
気持の問題というものがある。

売買:
帰宅後、予定通りドル円1ポジションが成仏しているのを確認した。
いつか復活の時を待つことにする。

日経平均は、午前に8100円ぐらいまで下げたが、午後戻した。
ドル円とはちょっと違う値動きをしている。
他のブロガーの状況はこちら

現在ポジション(1000通貨単位):
usd/jpy
108.04買い→97.45決済(-1059pips)
103.85買い
99.14買い
225投信 8800 (前日8790→本日8570)

確定差損益2008/1/21以来、1000通貨単位):
3801pips→2742pips(10月 -942pips)

ミニミニ大作戦で使っている口座はこちら
外国為替証拠金取引ならFXブロードネットへ
業界最高水準スプレッド0.5銭~
1,000通貨からできる外貨取引

予定: 
利益が出たらさっさと利益確定する。
指値注文はもうしばらく封印。

下がれば95円割れで逆指値、1ポジション損切り。
逆に上がれば100前後で損切りも。

検証にはGFTのdealbook360を使っています
自前の検証をお勧めします
口座開設はこちらから
FX
買い下がりルール(再々改訂):
急落警戒モード:

ポジション間隔は400pips程度だが、
これにこだわらずに下落の底近辺でポジション追加を目指す。
急落心配時は様子見。

利確は75pips前後が基本も、上げ渋れば4-50pipsで成行き決済。

1000pipsの損失で1ポジション損切りながら買い下がる。
したがって最大3ポジションの保有。

急落警戒モードの解除条件をどうするか、検討中。
1000pipsは少し大きいのでどのくらいで損切るか検討中。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fxrun.blog55.fc2.com/tb.php/877-f815aa84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。