FX取引ルール確立のために

取引方針が定まらぬ臆病者の外国為替証拠金取引の行方。 取引ルールの柱にテクニカルな売買サインを導入中。システム開発状況を全て公開。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「大暴落を事前にズバリ予測」とはしゃいでしまう精神構造は何か

fxcmの社長のインタビユー画像が大御所ブログにアップされている。
撮影したのが8月上旬で、以後小出しに掲載されて、最新号は9回目で10月10日分になっている。
その最新号でクロス円の暴落を予想する社長の発言があって、
大御所は「高金利通貨の大暴落を事前にズバリ予測しておられました」などと持ち上げている。
ブログはこちらの46位ぐらい

ここで疑問です。
1 8月に語った内容を小出しにして、どうして10月まで引き伸ばしているのか
2 8月にした予想が9-10月に現実になった段階で掲載するのは意図的ではないのか
3 良心的ブロガーとしては、自身の意見では無いにしてもクロス円暴落予想を
  読者に公開しなかったのはなぜか
4 少なからずクロス円暴落で損失を被った読者がいるなかで、
  事後にクロス円暴落予想を掲載して「大暴落を事前にズバリ予測」と
  はしゃいでしまう精神構造は何か

以下、私の感想です
1 定期的に細分化して掲載することにより読者のアクセス数を維持する
2 1と同じ理由で意図的ではない。
  予想通りになれば当たりだし、
  ならなければ今後そうなるかもしれないということで問題ない
3 クロス円暴落予想を声高に主張するのは方針に反する。
  識者の意見として掲載するのは問題ない。
  出来れば予想が当たった事後に掲載するのがベスト。
4 ブログ支援者のイメージアップにつながるような記事にするのが方針。
  ブログの予想が当たると信頼感が増してアクセス数が増大する
  また、FX王の口座開設数も伸びる。

とまあ、こんな具合かなと思うのですが、
結局、何が言いたいかと言うと、
どんなブログでも他人(読者)に対する責任は取らないわけで
「取引方針は、評論家を含めた他人の意見や業者の意見で決めるのではなく、
自分で考えて決めないといけない」
ただこれだけ。
他のブロガーはこちら
それにしても昨日の大御所ブログでは、
クロス円でボロ負けの投書を紹介している。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fxrun.blog55.fc2.com/tb.php/826-ee84bd44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。