FX取引ルール確立のために

取引方針が定まらぬ臆病者の外国為替証拠金取引の行方。 取引ルールの柱にテクニカルな売買サインを導入中。システム開発状況を全て公開。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

aud/jpyで指値買い下がり戦略を検証する

aud/jpyで指値買い下がり戦略を検証する

7月下旬から始まったクロス円の下落時に
買い下がりを行ったらどうなっているのか検証してみた。

条件
1 通貨はAUD/JPY
2 高値104.50から150pips下がった103円から買い下がる
3 100pips間隔で1万通貨づつ買う
4 利確も100pips
audjpy買い下がり検証
黄色線は保有ポジション、緑線は利益確定決済ポジション

結果(本日8月25日現在)
1 利益確定は7回(7万円)
2 保有ポジション103円から1円間隔で9ポジション
3 簡単のために95.00での含み損は36万円

コメント
1 102.50から100pips間隔で買い下がっても結果は似ている。
2 103円からの買い下がりで、利益確定を50pipsにすると
    利益確定が10回に増えるが保有ポジションは9で変わらない
3 問題は、下落トレンドなのに一定の間隔でポジションを取り続けることにある。
  仮に4ポジション目から間隔を200pipsにすると
    利益確定100pipsが7回
    保有ポジションは6で、含み損は27万円となる
4 下落の底を見極めるために
  4ポジション目以降は200pips以上の反発があった後にすることにすると
    利益確定100pipsが4回
    保有ポジションは4で、含み損は21万円となる
5 余計なことは考えず決まり通り実行するのがシステムトレードだとか言うが、
  それはあくまでシステムに問題がない場合で、
  常に”今問題が起きているのではないか”と思う必要もある
6 歴史的高値近辺で買い下がりを実行するのはいかがなものか。
7 リピートイフダンとか言って何でも儲かると思ったら大間違い。
他のブロガーの買い下がりはワード検索で

ミニミニ大作戦で使っている口座はこちら
1,000通貨からできる外貨取引
外国為替証拠金取引ならFXブロードネットへ

検証にはGFTのdealbook360を使っています
自前の検証をお勧めします
口座開設はこちらから
FX
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fxrun.blog55.fc2.com/tb.php/756-8dbda187
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。