FX取引ルール確立のために

取引方針が定まらぬ臆病者の外国為替証拠金取引の行方。 取引ルールの柱にテクニカルな売買サインを導入中。システム開発状況を全て公開。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

せっかく褒めたのに

大御所が
「円高が警戒されていた今年の2月にドル円を107円で買っていても
8月現在利益が出ています」と結果論を述べています。
昨日、至極まともな人だ、と言ったとたんにこれなので、まともな人認識を保留にします。
ブログはこちらの62位ぐらい

私も2月にドル円を買っています。ただし、下落し始めたらすぐに損切りしました。
大御所は、2月のあの市場雰囲気でレバレッジ2-3倍だったら平気で放置しろと言っているわけです。
とてもまともな考えとは思えません。喉元過ぎればというやつでしょうか。
普通の人は現在108円まで戻ってきているとしても、あの時は損切るのが正しい、と言うはずです。

暴落がくるといった市場の雰囲気に惑わされずに云々--というフレーズが好きな大御所ですが、
市場の雰囲気に目をつぶって通り過ぎるのをひたすら待てという考えは間違っています。
市場の雰囲気に目を張って今何が起きているのか感じ取れというのが正しいと思っています。

大御所の考えで行くと今120円のドル円買いポジションを持っている人も
レバレッジさえ低ければ真に正しい為替取引をしていることになってしまします。
とてもそうとは思えない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fxrun.blog55.fc2.com/tb.php/740-929d530c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。