FX取引ルール確立のために

取引方針が定まらぬ臆病者の外国為替証拠金取引の行方。 取引ルールの柱にテクニカルな売買サインを導入中。システム開発状況を全て公開。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと危ない心の動揺を感じたちょっと嬉しい一瞬

8月3日
私情:
このところずっと痛かった膝が完全に完治しました。
ランニングクラブの月例会にも参加できたのですが、
今度は腰が痛くなってきています。
いつになったら肉体的痛みから解放されるのだろうかと心配です。
ひょっとするとこのまま長ーいお付き合いになるのだろうか。

月例会は近くの公園の周回コースを自分の好きなだけ周るのですが、
病み上がりと暑さで1時間でやめました。
そのあと日陰のベンチでボーとしていると目を見張るようなランナーが通り過ぎます。
オレンジのホットパンツに紺のTシャツ、足が長くて背が高いお姉さんです。
瞬間、もう一周走ろうかと思いましたが、
「今いくつだったか」を思い出して思いとどまりました。
ちょっと危ない心の動揺を感じたちょっと嬉しい一瞬でした。
来週の日曜も走ろう。


売買:
先週のドル円は108円前後で狭いレンジを形成していたため一回もトレードしなかった。
通常荒れる雇用統計でもブレが大したことなく、動きづらい市場の状況を確認した感じです。
8月は夏休みということで大口参加者が減るんだそうです。
それに従って値動きが小さくなるのでしょうか?
10年ぐらいの値幅を調べてみることにします。
他のブロガーはこちら

現在ポジション(1000通貨単位):
usd/jpy
なし

確定差損益1/21以来、1000通貨単位):
2775pips(8月 0pips)

予定: 
レンジを上抜けしないので、107円前半から買い下がる予定。
108円半ばを抜ければピークの100pips下あたりから買う。

今日の大御所ブログで1000通貨単位の基本買い下がり基本戦略を説明しています。
下記ルールがまともな人の考えだということを確認しました。
大御所ブログについては、いろいろコメントしていますが至極まともな人だと思っています。
何しろ最近は損切りという言葉を使うようになっています。
ブログはこちらの65位ぐらい

買い下がりルール(再改訂):
3つのレンジを想定しています
Aレンジ 108.50--104.00 (5ポジション)
Bレンジ 104.00--102.00 (3ポジション)
Cレンジ 102.00--100.00 (2ポジション)

ポジション間隔は50pipsから150pips。
価格帯で使い分ける。
レンジ下抜け時は間隔を大きくする。
(急落心配時は様子見)

利確も75pips前後が基本も、上げ渋れば4-50pipsで成行き決済。
100.00までに10ポジション。
平均希望価格=103(10ポジション=1万ドル)

100.00以下に下落した場合は長期建て玉として放置
証拠金30万としてロスカット73.00。

このルールをある程度続けると自分の性格からくるトレードの欠点が改善される筈なのですが??

ミニミニ大作戦で使っている口座はこちら
1,000通貨からできる外貨取引
外国為替証拠金取引ならFXブロードネットへ

検証にはGFTのdealbook360を使っています
自前の検証をお勧めします
口座開設はこちらから
FX
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fxrun.blog55.fc2.com/tb.php/737-c9be53b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。