FX取引ルール確立のために

取引方針が定まらぬ臆病者の外国為替証拠金取引の行方。 取引ルールの柱にテクニカルな売買サインを導入中。システム開発状況を全て公開。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

利益確保ストップをしばらく封印しようか

7月18日
私情:
16日のドル円は、103円を少しだけ割ったあと反発して104円後半まで戻した。
要因は原油価格の下落→株価上昇→ドル高。
要因が景気や金融不安だけではないのが予想を難しくしている。
まあ、もともと予想は当たらないと思っているのが無難で、
事態の変化にどう対応するかが重要なんだと確認したい。
17日も続伸。

ZAI はマット今井、松田哲、羊飼いのラインナップです。


売買:
17日帰宅時、反転したドル円は105.50まで上げた後20台で推移していた。
105.13のポジションの逆指値を買値にセットして待つ。
思惑通り下げて約定。しかし、105.11で反転して一気に20pips上げる。
その後も続伸して、「ばっかじゃないのタンゴ」状態。
106.14のポジションまで決済となった。
指値を置いて寝たが、朝約定していた。

それにしても300pips上げて60pips利益というのは情けない。
うまくやっているブロガーも

現在ポジション(1000通貨単位):
usd/jpy
105.13買い→105.13決済(0pips)
106.14買い→106.74決済(60pips)
106.14買い

確定差損益1/21以来、1000通貨単位):
2442pips→2502pips(7月 216pips)

予定:
利益確保ストップをしばらく封印しようかと思う。
利益が出ていると損失領域に入る前に決済したい、
という気持ちがストップを移動させるのですが、
損失はないものの、利益をわざわざ少なくしている。
リスクは高まるが利確幅を少し小さくして対応する。

買い下がりルール(再改訂):
3つのレンジを想定しています
Aレンジ 108.50--104.00 (4ポジション)
Bレンジ 104.00--102.00 (3ポジション)
Cレンジ 102.00--100.00 (3ポジション)

ポジション間隔は75pipsを基本にする。
レンジ下抜け時は間隔を大きくする。
(急落心配時は様子見)

利確も75pips前後が基本も、上げ渋れば4-50pipsで成行き決済。
100.00までに10ポジション。
平均希望価格=102.50(10ポジション=1万ドル)

100.00以下に下落した場合は長期建て玉として放置
証拠金30万としてロスカット72.50。

ミニミニ大作戦で使っている口座はこちら
1,000通貨からできる外貨取引
外国為替証拠金取引ならFXブロードネットへ

検証にはGFTのdealbook360を使っています
自前の検証をお勧めします
口座開設はこちらから
FX
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fxrun.blog55.fc2.com/tb.php/718-2bf76c95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。