FX取引ルール確立のために

取引方針が定まらぬ臆病者の外国為替証拠金取引の行方。 取引ルールの柱にテクニカルな売買サインを導入中。システム開発状況を全て公開。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デイトレ用売買基本条件インジケータ(カリスマトレーダ[FX革命」) 3

デイトレ用売買インジケータを作っています。
新著「FX革命」の売買サインの基本条件です。

ZAI はマット今井、松田哲、羊飼いのラインナップです。


今回は、30分足の平均足の始値・終値ラインを5分足チャート上で表現します。
ポイントは、5分足6本分を1つのデータとして考えます。
計算式は以下です。

疑似30分足の平均足終値=(6本分の高値+6本分の安値+1番目のバーの始値+6番目のバーの終値)/4

疑似30分足の平均足始値=(6つ前の平均足始値+6つ前の平均足終値)/2

他のブロガーのシステムはこちらから
以下がCTLです。
コピーしてchart studioに張り付ければdealbook360で表示できます。
5分足チャートで表示させます。

dealbook360口座開設はこちらから
FX

indicator ind_buysell_heikinashi_6 ;
draw open_line6("open6",solid_line,red), close_line6("close6",solid_line,green) ;
vars i(number), fst(number), high6(series), low6(series) ;

begin
{ 6本分の平均足計算 }
fst := front(close);
for i := front(close) + 5 to back(close) do begin
{ 6本分の高値と安値を求める }
high6[i] := movmax(high, i, 6);
low6[i] := movmin(low , i, 6);
{ 6本分1組の平均足終値の計算 }
close_line6[i] := (open[i-5]+close[i]+high6[i]+low6[i])/4 ;
end;

{ 1番初めの平均足始値=1番初めの平均足終値 という条件文 }
{ 6本前のデータを使うので条件文も6個用意します }
open_line6[fst+5] := close_line6[fst+5];
open_line6[fst+6] := close_line6[fst+5];
open_line6[fst+7] := close_line6[fst+5];
open_line6[fst+8] := close_line6[fst+5];
open_line6[fst+9] := close_line6[fst+5];
open_line6[fst+10] := close_line6[fst+5];

{ 6本分1組の平均足始値の計算 }
{ 30分前の平均足の始値終値を使うので実際のバーでは6本前のデータを使います }
for i := fst+11 to back(close) do begin
open_line6[i] := (open_line6[i-6]+close_line6[i-6])/2 ;
end;
end.

ind buysell heikinashi6 と平均足の対応関係

上のチャートは、5分足チャートにインジケータを表示させたもの。
緑ラインが30分平均足の終値。赤ラインが始値。
下のチャートは、30分足の平均足。
対応関係が見て取れる。

検証にはGFTのdealbook360を使っています
自前の検証をお勧めします
口座開設はこちらから
FX

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fxrun.blog55.fc2.com/tb.php/692-28609454
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。