FX取引ルール確立のために

取引方針が定まらぬ臆病者の外国為替証拠金取引の行方。 取引ルールの柱にテクニカルな売買サインを導入中。システム開発状況を全て公開。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Aレンジでのポジション数は抑え気味に

6月27日
私情:
カリスマトレーダ「FX革命」のエントリーサインの基本条件を示すインジケータを作っている。

基本条件:
以下の平均足の陰陽が一致する
  4時間足チャート
  2時間足チャート
  30分足チャート

GFTのchart studioではマルチチャートに対応していないので、ひと工夫が必要です。
途中経過を順次掲載して行きます。

他のブロガーの意見はこちらから

ZAI はマット今井、松田哲、羊飼いのラインナップです。



売買:
FOMC後、ドル円は下降しました。
下落2日目も東京時間では戻しましたが、欧州以降に下降しました。
値幅も100pips越えが続いています。
予定通り、ポジション間隔は広めで、106円前半でポジション追加しました。

105円後半を抜けてくるかに注目しています。
とりあえずAレンジでのポジション数は抑え気味で行きます。

現在ポジション(1000通貨単位):
usd/jpy
107.26買
106.23買

確定差損益1/21以来、1000通貨単位):
2286pips(変わらず)

予定:
買い上がりルール:
108後半を上抜けしたら新しいレンジが形成されるまで様子見、
というのを検討しています。
108の上の目標は110、113、115。
200pips上限が上がるわけで、どんどん今の手法がやりにくくなります。

買い下がりルール(新):
2つのレンジを想定しています
Aレンジ 108.60--105.70 (5ポジション)
Bレンジ 105.70--102.50 (5ポジション)

ポジション間隔は75pipsを基本にする。
利確も75pips前後が基本も、上げ渋れば4-50pipsで成行き決済。
102.50までに10ポジション。
平均予想価格=105(10ポジション=1万ドル)

102.50以下に下落した場合は長期建て玉として放置
証拠金30万としてロスカット72.50。

ミニミニ大作戦で使っている口座はこちら
1,000通貨からできる外貨取引
外国為替証拠金取引ならFXブロードネットへ

検証にはGFTのdealbook360を使っています
自前の検証をお勧めします
口座開設はこちらから
FX
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fxrun.blog55.fc2.com/tb.php/689-a0cc243b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。