FX取引ルール確立のために

取引方針が定まらぬ臆病者の外国為替証拠金取引の行方。 取引ルールの柱にテクニカルな売買サインを導入中。システム開発状況を全て公開。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

利確が先か、追加ポジションが先か

6月13日つづき
私情:
大御所のブログで大きな含み損を抱えた人が相談を持ち込んでいる。
人に相談して処理方法を決めようといていること自体が間違いだと思う。
相談しないと方法が分からないのだとしたら、
今すぐ全てのポジションを決済して、FXをやめることを勧めるのが親切という気がする。
大御所も「もっと早く相談してくれたら」とか言わないで、
自分のことは自分で決めなさいとはっきり言ったほうがいいのにと思う。
人に頼っているいるうちは、投機で成功しません。
ブログはこちらの56位ぐらい
まっ お客さんが投資相談に来ているという状況だとすれば、
親切丁寧に処理するのはいたしかたないか。

もう一言いわせてもらうと、
3月の下落トレンドの最中に「レバレッッジは小さめに」というだけではなくて、
損切りの重要性をもっと強調すべきだったと思う。
大御所は当初、円高警告予想の最後尾に位置していて、
100円割れなどしないと思っていたふしもあるので、
損きり発言など思いもしなかったかもしれませんが。

それにつけても人気サイトの運営者は辛い。
発言の姿勢にブレがあると私みたいに突っ込むやつがいっぱいいそう。
それでもやり続けるには、支える何かがあるんだろうなと想う。
ご本人は「熱意」と言っていますが。

ZAI はマット今井、松田哲、羊飼いのラインナップです。


売買:
結局、107.66ポジションの利確逆指値は107.92にした。
108.00前後でだいぶもみ合ったが80台に落ちた。

利確が先か、追加ポジションが先か迷う。
その時の気持ちの問題か?

うまくやっている他のブロガーはこちら

現在ポジション(1000通貨単位):
usd/jpy
107.66買→107.91(+25pips)
106.72買

確定差損益1/21以来、1000通貨単位):
2091pips→2116pips

ミニミニ大作戦で使っている口座はこちら
1,000通貨からできる外貨取引
外国為替証拠金取引ならFXブロードネットへ

予定:
106.72ポジションの逆指値は107.62にしました。
ポジションの上限は107.99なので、追加ポジションは107.70から90の間のどこかで。
(その後、逆指値107.82 追加ポジション107.96に変更)
(値動きにしたがって移動させます)

買い上がりルール:
上抜けしたレジスタンスから50pips以上上げたら準備完了
サポートライン(上げる前のレジスタンス)まで下げたら買いポジション追加
サポートが切り上がったらそのサポートまで下げたら買いポジション追加
要するに押し目買い

サポートラインを割ったら直近ポジションを利確
ポジションの上限は107.99
(108円台で推移し始めました。作戦に再検討が必要です)
(今いえるのは、113円より上で今の作戦をやる気はありません)

買い下がりルール:
ポジション間隔は75pipsを基本にする。
利確も75pips前後が基本も、上げ渋れば4-50pipsで成行き決済。
100円までに10ポジション程度。
90円はありえるとして資金管理する。

検証にはGFTのdealbook360を使っています
自前の検証をお勧めします
口座開設はこちらから
FX
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fxrun.blog55.fc2.com/tb.php/677-ea9da860
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。