FX取引ルール確立のために

取引方針が定まらぬ臆病者の外国為替証拠金取引の行方。 取引ルールの柱にテクニカルな売買サインを導入中。システム開発状況を全て公開。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大御所も損きり

ドル円が98円台を記録しました
大御所シリーズです
発言に影響力がある人だと思うので、取り上げています。

ここに至ってやっと「損きり」という言葉を使いはじめました。
98円では止まらない可能性を認識したのでしょうか。
遅いですが、まだ大丈夫というよりは良いかと思います。

「このような急激な円高時の対応としましては、
すでに余裕資金を目いっぱい投資しているケースでは、生活用の資金を充当することなどは控えたいです。一部を損切りしてリスク(=ポジション量、レバレッジ倍率)を許容限度内に抑えるなど、投資用資金の範囲内で対策を講じたいです。」

「日常生活に精神的悪影響を及ぼさないためには、一部を損切りすべきなのか”を再チェックしたいです。」

そもそも余裕資金の意味が「なくなっても良い」ということなら、普通の人には余裕資金は無いと思います。
投資用資金に統一すべし。

「精神的に参っておられる方も多いと思いますが、どうか気持ちだけは強く持ってください。」

相変わらずの精神論です。
含み損を抱えています、という相談には
”心配なら損切れ”と言ってあげるのが親切というものです。

精神的にまいる前に損きりをしなくちゃいけないのだと思います。
大きな精神的負担を抱えてまでやるような事じゃありません。

大御所も業界人なので、やめた方がいいという発想がなさそうです。

「余裕資金がまだあるケース、自分の資産に占める外貨資産比率が低いケースでは、このような円高局面だからといって、外貨投資を控える必要はありません。むしろ好機と見て、外貨投資比率引き上げを検討して良いと思います。」

強気です。
私も検討はしています。
でも今すぐではないように思えてきました。
米国金融不安の新事実が発覚するたびに下落を繰り返すパターンになっています。
今回のベアスターンだけとは思えません。

取り上げたブログはこちらの53位ぐらい
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fxrun.blog55.fc2.com/tb.php/561-76d2d23b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。