FX取引ルール確立のために

取引方針が定まらぬ臆病者の外国為替証拠金取引の行方。 取引ルールの柱にテクニカルな売買サインを導入中。システム開発状況を全て公開。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年間値幅インジケータを使った相場予想

ドル安進行中ではありますが、もしもドル円を買ったらどんな感じか検討してみた。

日足のind_year_rangeインジケータによればドル円の本日現在の年間値幅は24.37円
50日移動平均は19.36円となっている
(インジケータのCTLはカテゴリー欄の「モジュール集」を参照してください)
年間値幅2008.3.14

仮に本年の年間値幅を20円とする
今のところの本年高値は1月1日の高値112.18円。
従って本年安値は92.18円となる
年間値幅20円は2000年以降では上限領域にあります

1995年に80円を付けた時の年間値幅は33円
つまり高値は113円

高値が似ているのが気になります
このぐらいのパワーは秘めていると考えておくのが安全です。
80円を予想しているわけではありませんが

100円から1円単位で95円まで1000通貨づつ買いポジションを持ったとすると
合計で6000通貨となる。

92円になった時の含み損は、33000円。
80円では105000円。
反転後、110円になった時の差益は、75000円。


決して下げ止まったとは言いがたい相場ですが、
再び買い下がりの検討もしたいと思います
損きりながら買い下がって行くというのは可能だろうか

他のブロガーはこちら

検証にはGFTのdealbook360を使っています
自前の検証をお勧めします
口座開設はこちらから

FX

投げ銭クリックをお願いします。
CTLはクリックが貯まった時点で掲載します。
ポチポチ押してください。
やる気が上がります

投げ銭クリック



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fxrun.blog55.fc2.com/tb.php/557-a72bcb57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。