FX取引ルール確立のために

取引方針が定まらぬ臆病者の外国為替証拠金取引の行方。 取引ルールの柱にテクニカルな売買サインを導入中。システム開発状況を全て公開。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長期保有を決め込むにはまだ早い

3月4日
市況:
株式市場が軟調、東京市場からNY市場の昼頃まで円高。
ドル円は102円70銭割れ、
クロス円も含め円高。

NY午後、米モノライン大手AMBAC救済案が進展との報道などで
株価反転し円高も反転。
元の水準に戻った

売買:
ドル円102.80を割ってきたので買いエントリーした。
3日の安値102.58は、雇用統計発表までは割らないと思っているが、
かなり下押しが強い感じだったのと夜も遅いので+1pipsで手仕舞いした。
結局、103.40近辺まで戻したがしょうがない。
102.83買い →102.84決済 (+1pips)

差損益(1/21以来、1000通貨単位):
831pips

現在ポジション:
無し

予定:
サポートラインを信じてドル円を買ってみたが、
ちょっとしたきっかけで102.56円を割ってきそうな様相。
上はよっぽどの好材料でもないと104円台には戻りそうもない。
102.60--103.60のレンジか?
上に抜けたら戻り売り、下に抜けたら追従売りか?

買う場合は、ストップを付けてゆったり気分で。
1000通貨は、1円動いて1000円、10円で1万円なんだから。
長期保有を決め込むにはまだ早い。

ミニミニ大作戦で使っている口座はこちら
1,000通貨からできる外貨取引

他のブロガーはこちら

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fxrun.blog55.fc2.com/tb.php/543-adb87093
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。