FX取引ルール確立のために

取引方針が定まらぬ臆病者の外国為替証拠金取引の行方。 取引ルールの柱にテクニカルな売買サインを導入中。システム開発状況を全て公開。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

期間値幅インジケータ

投げ銭クリックありがとうございます。
モジュール集です。
ある期間の値幅を示すインジケータです。

使い方:
月足チャートで期間を12にすると年間の値幅を示します。
日足なら期間256で年間値幅、23で月間値幅、5で週間値幅になります。
ついでに移動平均も分かります。
期間値幅2005-2007

ドル円現在値: 年間値幅19.17  月間値幅5.11  週間値幅1.91

ここ数年の年間値幅の最大は約20円、ここ10年では1999年に約40円を記録しています。
歴史的には年間値幅は小さくなっている傾向があります。
これからすると104円が下限ということになります。
年間値幅40円ということになるとドル円80円台になります。
果たして-----

検証にはGFTのdealbook360を使っています
自前の検証をお勧めします
口座開設はこちらから

FX


CTLは続きを読むを参照してください
他のブロガーはこちら

投げ銭クリックをお願いします。
CTLはクリックが貯まった時点で掲載します。
ポチポチ押してください。
やる気が上がります

投げ銭クリック


FXについて



/*期間値幅インジケータ */
indicator ind_year_range;
input period=12, avg_period=20;
{ 月足なら12で年間、日足なら256で年間・23で月間・5で週間  }
draw range_year("range_year",solid_line,magenta),avg("avg");
vars lst(number), fst(number), high_year(series), low_year(series),
i(number) ;

begin
lst := back(close);
fst := front(close);
if lst < fst+period-1 then return;

for i := fst+period-1 to lst do begin
high_year[i] := movmax(high, i, period) ;
low_year[i] := movmin(low, i, period) ;
range_year[i] := high_year[i]-low_year[i] ;
end;
avg := sma(range_year,avg_period);
end.
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fxrun.blog55.fc2.com/tb.php/501-666bd834
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。