FX取引ルール確立のために

取引方針が定まらぬ臆病者の外国為替証拠金取引の行方。 取引ルールの柱にテクニカルな売買サインを導入中。システム開発状況を全て公開。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレイクアウトシステム考4

ブレイクアウトのエントリーレベルを変えてデイトレした場合の比較をした。

通貨:EUR/JPY  時間足:15分 通貨量:10万  期間:2007.11.5--2007.12.31 スプレッド:4

ストラテジー

day highlow break

pivot r1s1 break

asia highlow break

差損益

-522000

-63000

1371000

最大ドローダウン

-1052000

-592000

-239000

プロフィットファクター

69

92

304

勝敗

16-21

18-18

18-12

day highlow breakは、前日の高値安値を抜けたらエントリーする

pivot r1s1 breakは、ピボットのr1s1ラインを抜けたらエントリーする

asia highlow breakは、アジア時間帯の高値安値を抜けたらエントリーする

共通事項: 値幅の50%の利益ラインを逆戻りしたら手仕舞い

        50%ラインを超えたら3本安値ライン抜けで手仕舞い

        値幅の35%の損きりラインを超えたら手仕舞い

        NY市場終了で強制手仕舞い

ユーロ円での比較です。asia highlow break のみ利益がでています。

pivotとday highlowのエントリーラインは比較的近くにあります。asiaのエントリーラインは、それよりも内側にあります。この差が成績の差になっているようです。

全ての通貨ペアで同じ傾向かというとそうでもありません。検証期間にもよります。

 エントリーの違いでこんなに違いがあるとは思いませんでした。

 



役に立ちそうとか、CTLを見るのが楽しみと思う方は、投げ銭クリックをお願いします。
CTLはクリックが貯まった時点で掲載します。
ポチポチ押してください。
やる気が上がります

投げ銭クリック

FXについて
検証にはGFTのdealbook360を使っています
FX

もっとシステムトレードを知るには
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fxrun.blog55.fc2.com/tb.php/469-f29eccb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。