FX取引ルール確立のために

取引方針が定まらぬ臆病者の外国為替証拠金取引の行方。 取引ルールの柱にテクニカルな売買サインを導入中。システム開発状況を全て公開。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

値幅とレンジブレイクストラテジー

前回からのつづき
値幅推移
ユーロドルの日足チャートを見ると、本年8月以降上昇トレンドの傾きが強くなっている。
また平均値幅も8月以降上昇している。
先日紹介した値幅インジケータで表示させると一目瞭然。
ピボット順張りデイトレレンジブレイクストラテジーの9月以降は絶好調。
1月から8月までは利益がでていない。

月ごとのバックテスト結果
2007年
1月 -1680
2月 -270
3月 -1500
4月 70
5月 -880
6月 -730
7月 -160
8月 -960
9月 1720
10月 1920
11月 1850
12月 1310
(10万通貨 単位ドル)

値幅が大きく、一方向に向かえばレンジブレイクの戦略で利益が出るということのようです。
他の通貨でも同じような傾向かどうか検討してみることにする。
役に立ちそうとか、CTLを見るのが楽しみと思う方は、投げ銭クリックをお願いします。
やる気が上がります

投げ銭クリック

FXについて

検証にはGFTのdealbook360を使っています
AFTでは口座開設キャンペーンを行っています
FX

もっとシステムトレードを知るには
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fxrun.blog55.fc2.com/tb.php/451-6865f755
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。