FX取引ルール確立のために

取引方針が定まらぬ臆病者の外国為替証拠金取引の行方。 取引ルールの柱にテクニカルな売買サインを導入中。システム開発状況を全て公開。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピボットシステムの価値

サザインベストメントの自動売買システムポータルサイトがあります。
このサイトの関連ブログとして、当ブログのバナーが掲示されています。
このバナー掲示後、ブログへのアクセスが増えるのかと思っていたのですがほとんど変わりません。ポータルサイト自体へのアクセス数が少ないのじゃないのかと思います。ジワジワと充実しているようなのでアクセスしてみてください。
http://www.saza-investment.com/ats/
そのサイトの関連ブログに「システムトレード徹底攻略」というトレーディングステーション(数十万するソフト)宣伝ブログがあります。その12月13日号にピボットシステムの例が紹介されています。
そのくだりに、ピボットシステムは「トレードステーションを使えば、この程度は、楽勝ですね。エクセルだと、死ぬほど苦労すると思います」、というのがあります。
日足のデータを別の時間足に引っ張ってこられるというのが楽勝の素なのですが、死ぬほど苦労しなくても右手腱鞘炎ぐらいで何とかなりました。

そのブログによれば、ピボットシステムをそのまま使った検証結果は芳しくありません。
いきなりくじける話しなのですが、腱鞘炎を発症させてせっかく作ったシステムなのでストラテジーの工夫に励もうかと思います。

ピボットを使った自動売買商材もあってお値段6万円でした。
これからすると今回の開発ピボットシステムの価値は1万円ぐらいかと思われます。何しろ全部オープンなので未知の価値をかもし出すことが出来ません。買ってみないと分からない、という要素が価格を吊り上げているようです。

次回ピボットインジケータのCTLを公開予定。
それにしても右手首が痛い。
役に立ちそうとか、よくやったと思う方は、投げ銭クリックをお願いします。
モチベーションが上がります

投げ銭クリック
FXについて

もっとシステムトレードを知るには
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fxrun.blog55.fc2.com/tb.php/439-27cf6aba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。