FX取引ルール確立のために

取引方針が定まらぬ臆病者の外国為替証拠金取引の行方。 取引ルールの柱にテクニカルな売買サインを導入中。システム開発状況を全て公開。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ウェブ進化論」

「ウェブ進化論」を読んだ。主題は以下

<これから10年の三大潮流>

インターネット
チープ革命(ハードソフトの普及)
オープンソース(世界中にソフトのプログラムを公開、極小開発費)

<ネット世界の三大法則>

その世界の全体を理解できる
  ネット事業者は、ネット上に出来たその世界の全体を細かく理解できる
  顧客のネット上での行動を全て把握できる(データ処理)
  グーグル検索エンジン

ネット上の新しい経済圏
  ネット上でしか存在しえない収入源(アフェリエイト)
  
微小 X 無限大 = 価値(失われていった価値の集積)
  リアル世界では消え去る存在の小さなものが不特定多数無限大のなかでは存在しえる
  アマゾンの売り上げの1/3はリアル書店には在庫してない本

このブログもFXというテーマでネット世界の一部を構成していることになります。
オープンソースというのは、リナックスに代表されるソフト開発手法のことです。
GFTの自動注文システムのプログラム作りでも似たようなことができないものかと思っています。
勿論顧客側(こちら側)のプログラムです。
誰かがアイデアを出す。CTL文を誰かが作る。検証する人がいる。使ってみる人がいて文句を言う。
改善を施す。だんだんまともになっていく。
こんなイメージで出来たら面白いかなと思っています。

でも為替の世界は、新しいインジケータが出来たら密かに自分で使うのが無難と言われています。
みんなに知れ渡るとその有効性がなくなるんだそうです。
つまり先読みする人がでてきて新しいインジケータの動きが違ってくるとか。本当かどうかは知りませんが。
他のブロガーは
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fxrun.blog55.fc2.com/tb.php/385-3adf3f85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。