FX取引ルール確立のために

取引方針が定まらぬ臆病者の外国為替証拠金取引の行方。 取引ルールの柱にテクニカルな売買サインを導入中。システム開発状況を全て公開。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンデイトレードの検証

昔、エクセルで試してみた1日トレードシステムをGFT自動発注システムに乗せて検証してみる。

日足の1本で考えた場合、陽線と陰線しかない。つまり上がるか下がるかしかない。
始値の買いだけする場合、日足が陽線なら利益、陰線なら損失となる。売りはその逆。
毎日、始値の買いだけをした場合、一定の日数が経過して価格が上昇していれば利益、下落していれば損失となる。
ある条件を設定して上がる確率が高い日のみ買えば利益率は向上する。売りはその逆。
以上の考え方を基本にしていくつかのストラテジーを考えその検証結果を得る

(条件)
朝、NY市場クローズ時に取引をする

(ストラテジー)
1 日足移動平均線上向きなら買い
  日足移動平均線下向きなら売り

2 前日陽線なら買い、陰線なら売り

3 移動平均線上向き時、前日陽線なら買い
  移動平均線下向き時、前日陰線なら売り

4 前日陽線で、終値が値幅の中央より上、且つ実体部が値幅の1/3より大きいなら買い
  前日陰線で、終値が値幅の中央より下、且つ実体部が値幅の1/3より大きいなら売り

5 ピボットを使ってシステムを考える
ピボットはこちらの8位ぐらいのしまふくろうさん

指値をする方法も考えられるが、dealbook360では検証できないので諦める。

実際にトレードする場合、ストップを設定する必要がある
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fxrun.blog55.fc2.com/tb.php/381-3903e5ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。