FX取引ルール確立のために

取引方針が定まらぬ臆病者の外国為替証拠金取引の行方。 取引ルールの柱にテクニカルな売買サインを導入中。システム開発状況を全て公開。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストキャススローのまとめ

ストキャスティックススローを用いたストラテジーのまとめ

(インジケータの意味)
現在値が、ある期間の値幅のどの位置にいるかを示す。
Kはその位置を百分率で示す。
Slow%Kは、Kを修正移動平均(mma)したもの。
Slow%Dは、Slow%Kを修正移動平均(mma)したもの。
Slow%DとSlow%Kのクロスを売買サインとして利用する。

ちなみにスローではないストキャスティックスは、修正移動平均(mma)ではなく単純移動平均(sma)を使っている

(適応相場)
ある本数以上のバーを要して上昇・下降する相場が必須条件
トレンド相場や周期の長いレンジ相場で利益が出る

少ない本数で反転してしまう相場では損失となる場合が多い
上下動の激しい相場では損失が出る

(パラメータ)
期間の数を変える

時間足が短時間になるほど大きくする

パラメータを大きくすると価格変動にたいする感度が低下する
少しの変動では売買サインがでない
その分エントリーと手仕舞いが遅い
比較的長い周期の波に向いている

パラメータを小さくすると価格変動にたいする感度が上昇する
少しの変動で売買サインがでる
その分エントリーと手仕舞いが早い
比較的短い周期の波に向いている

パラメータを選ぶとMACDの標準パラメータの売買サインと似たものになる
もっとシステムトレードを知るには
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fxrun.blog55.fc2.com/tb.php/380-2786c31f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。