FX取引ルール確立のために

取引方針が定まらぬ臆病者の外国為替証拠金取引の行方。 取引ルールの柱にテクニカルな売買サインを導入中。システム開発状況を全て公開。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2種類のパラメータを使う

下記のグラフは、AUD/JPY 1時間足のStSlowAdxrの成績グラフです
左が現行パラメータのもので、右が最適化したパラメータのものです
20111002audjpy比較
2つの成績グラフを比較してみます

1 過去の最大ドローダウンは現行が小さい
2 直近のドローダウンは最適化したものが小さい
3 利益は最適化したものが大きい
4 取引回数は最適化したものが多い
5 エントリーのタイミングは最適化したものが早い

現行タイプを選んだ理由は、過去の最大ドローダウンが小さかったからなのですが
直近のドローダウンが最大値に迫っていることもあり
2つのパラメータのストラテジーを同時進行させてみようかと思います

現行タイプが最大ドローダウン値を超えた場合は
稼働を中止します

ポジションの持ち方としては
時間差で2ポジションを持つ場合と
片方のポジションのみ持つ場合がありそうです

果たして結果は??
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fxrun.blog55.fc2.com/tb.php/1858-70489d41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。