FX取引ルール確立のために

取引方針が定まらぬ臆病者の外国為替証拠金取引の行方。 取引ルールの柱にテクニカルな売買サインを導入中。システム開発状況を全て公開。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bars.Point

以前作ったBreakSurferの注文命令は以下のようになっています

m_Order0_SL.Generate( m_upperbandL[0]+entrydiff/100);

プライスチャンネルの上ライン+entrydiff/100 の価格でエントリーします

100分の1にしているのは、最適化を動作させた時に少数点以下2桁しか表示しないためです

entrydiffは、入力項目で 
ドル円などの場合、 100pips上(価格で0.1)でエントリーしたい場合は0.1/100=10をいれます
ユーロドルでは、 100pips上(価格で0.001)でエントリーしたい場合は0.001/100=0.1をいれます

つまり通貨ペアによって入力する桁を考えなければなりませんでしたが
いろいろとストラテジーのサンプル読んでいたところ
この解消方法が分かりました

常にpipsを入力すれば良い方法が以下です

m_Order0_SL.Generate( m_upperbandL[0] + entrydiff * Bars.Point );

pips値にBars.Pointを掛け算すると適正な価格になります

ドル円などの場合は、自動的にBars.Pointが0.001 
ユーロドルでは、0.00001 になるようです

すでに作ったストラテジーもこの方法に変更して行きます

ちなみに Editorの Help Contentsでは以下のように説明しています
 
   Point: Read-only property. Returns pip’s value


[当サイトで使っている自動売買システム]

FXCMはMT4よりも優れていると言っています

中身の分からないストラテジーがいやで
自分でストラテジーを作って運営しています

初めての方はこちらから
ストラテジートレーダー超入門 自動売買プログラミング編

Strategy Trader 紹介ビデオ 取扱説明 関連サイト

ストラテジートレーダー概要

ストラテジートレーダーβ版利用ガイド

[他の自動売買サイトを探す]

人気blogランキング






[相場の流れは]
FX ポータル
松田さん 各国事情
吉田さん ドル高
陳さん  市場センティメント
今井さん 利上げ観測
西原さん ユーロドルの下落に注意
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fxrun.blog55.fc2.com/tb.php/1753-c16c9044
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。