FX取引ルール確立のために

取引方針が定まらぬ臆病者の外国為替証拠金取引の行方。 取引ルールの柱にテクニカルな売買サインを導入中。システム開発状況を全て公開。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内視鏡検査のつづき

内視鏡検査のつづき

リクライニングの椅子に座り
ブドウ糖の点滴をします
何となく病人の雰囲気になります
点滴をしたまま検査室に入ってベットに横になります
若い医師がやってきて
麻酔用のジェルを塗ります、と言ったあと
軽い衝撃が走りました

肛門攻めにはあんまり慣れていません
それでは始めます、
と言った途端に大きな異物を突っ込まれた気がしました

こらが内視鏡です
実際には小指ほどの太さの棒です
プラスチック製で柔軟性はありますが棒です
それなりの衝撃があるのですが、すぐに何でも無くなります

始めはベットに横向けに寝ます
カメラのモニターが見えます
突っ込まれる瞬間に毛が見えました
アダルトビデオ風です
あれは陰毛と言うのでしょうか
そのあとはピンクの管壁が見えます

肛門の辺りでもぞもぞと動いているのが分かりますが
お腹の中で動いている感覚はありません

それでは上向きになってください、と言われて
上向きになって膝を立てて足を組みます

医師が、これはどうですか、と言います
何か機械が動いた音がして
腹に痛みが走ります

空気を入れています、と医師が言い
かの看護婦が、お腹の力を抜いたほうが痛くありません、と言います
息を吸って吐きながら力を抜きます
そうです 上手です、と励ましてくれます
妊婦というのはこんな感じなんでしょうか
吸ってー ふーと吐いてー
ちょっと女の世界を見たような気もします

痛みは数秒で消えるのですが
間隔をあけてやってきます
空気を入れると痛くなります
内視鏡が先に進まなくなると空気を入れて腸を広げるようです

この痛みは、あまり経験したことがありませんが
ガスが腹にたまって痛くなった時の感覚と同じようです

看護婦さんは手をお腹の辺りに置いて
なだめるように軽くなぜてくれます
お母さん 助けて、という感覚がよぎります

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fxrun.blog55.fc2.com/tb.php/1685-aecd02e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。