FX取引ルール確立のために

取引方針が定まらぬ臆病者の外国為替証拠金取引の行方。 取引ルールの柱にテクニカルな売買サインを導入中。システム開発状況を全て公開。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インジケータAverageTrueRangeの構造

レンジフィルターを作るには、高値と安値の差を求める
それと似ているインジケータにAverageTrueRangeがあります

これを調べることでレンジフィルターを作っていきます

インジケータAverageTrueRangeでは、ファンクションのAvgTrueRangeを使っています
そのファンクションのAvgTrueRangeでは、ファンクションのTrueRangeを使っています
TrueRangeでは、ファンクションのTrueHighとTrueLowとAverageを使っています
TrueHighとTrueLowでは、ファンクションDoubleGreaterを使っています
Averageでは、ファンクションSummationを使っています
Summationでは、ファンクションDoubleLessEqualsを使っています

以上をまとめると

Indecator.AverageTrueRange
--Function.AvgTrueRange

----TrueRange
------TrueHigh
------TrueLow
--------DoubleGreater

----Average
------Summation
--------DoubleLessEquals

となります。
この構造の下部にあるファンクションから調べることにしました。

ということでTrueHigh TrueLowを調べ始めたのですが、
どうもTrueRangeは、一本一本のバーの”高値ー安値”を算出するのが基本の
ファンクションであることが判明しました。
これだとストキャスのレンジを表示できません。

というわけで Pricechannelに戻ることになりそうです

コラム執筆陣:松田哲、吉田恒、陳満咲杜、マット今井
FX ポータル
今井さん ユーロドルはヘッドアンドショルダー形成か?
松田さん ユーロドルの行方 そのうち下がる
吉田さん G20後の協調介入の可能性
陳さん  G20と通貨安戦争

参考になったらクリックよろしく 人気blogランキング

fxcmのストラテジートレーダーはこちら
外国為替のFXCMジャパン
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fxrun.blog55.fc2.com/tb.php/1627-00e25a21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。