FX取引ルール確立のために

取引方針が定まらぬ臆病者の外国為替証拠金取引の行方。 取引ルールの柱にテクニカルな売買サインを導入中。システム開発状況を全て公開。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レンジフィルターの作成 初期的な問題

レンジフィルターを作るべく作業をしています。

レンジフィルターの元になるのは、有る期間の高値から安値を引いた値です。
ストラテジートレードエディターには、PriceChannelというインジケータがあり、
有る期間の高値と安値をチャート上に示してくれます。
これを利用して、高値から安値を引いた値を求め、
その平均値を算出すれば完成します。

道は見えているのですが、難航しています。

根本的な問題は、C#が分かっていないことにありそうです。
C#の全てが分からなくても、「その都度調べて対応することで乗り切る」
というのが作戦ですが、苦労しています。

提供元のFXCMがもっと情報提供してくれるといいのですが。
そういう意味では、GFTのソフトは意味が分かりやすいと思います。

現在の具体的な問題点を一つ。

PriceChannelインジケータをコピーして、新規に別名称でインジケータを作ります。
それを稼働させるとチャートの状況により正しく表示しません。
元々のPriceChannelでは、同じチャートで問題なく表示します。
単にコピーしただけなのに異なる動作をするということは、
ストラテジートレードエディター自体に問題があるのではないかと思い始めました。

コラム執筆陣:松田哲、吉田恒、陳満咲杜、マット今井
FX ポータル
松田さん ドル円の行方 80円割れ
吉田さん ドル安反転は元しだい
陳さん  ドル反発必至
今井さん ユーロドル、10月は下がらない

参考になったらクリックよろしく 人気blogランキング

fxcmのストラテジートレーダーはこちら
外国為替のFXCMジャパン
スポンサーサイト

コメント

インディケータ系ってどのnamespace使ってますか?
Function使うと、編集可能なインディケータを使うので、Funcitonsのnamespaceを使った方が良さそうです。
^

まだベータ版だからバグはありそうですね~。
しかし、C#は非常に分かりやすい言語なのに、提供しているAPIのせいで使いにくくなってます。
ここまで作られていると直しようもないんでしょうが、kakakuFXのMk-Ⅱのjavaの方が遥かに分かり易いですね~。
恐らくMT4、MT5を意識したつくりでしょうから。
だからコンバータも用意したんでしょうね。

ではでは。

はじめまして!個人でブログを運営しております、レッドムーンライトと申します。
これから情報交換等できればと思い書き込みさせて頂きました。
簡単に自己紹介させていただきます。FX歴は7年、EA、ロジックなどを開発しながら、ここまでなんとかFX生活しております。(笑)その経験を活かしてIBパートナーもやっています。新参者ですが宜しくお願いいたします。

皆さん
よろしくお願いします

  • 2010/10/22(金) 18:31:07 |
  • URL |
  • bingodog #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fxrun.blog55.fc2.com/tb.php/1620-5d5f8c17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。