FX取引ルール確立のために

取引方針が定まらぬ臆病者の外国為替証拠金取引の行方。 取引ルールの柱にテクニカルな売買サインを導入中。システム開発状況を全て公開。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名前空間とusing ディレクティブ

名前空間とusing ディレクティブについて

ストラテジーのひな型を開くと以下のような文から始まります
ここで使われている namespace と using について説明します

using System;
using System.Drawing;
using Broker.StrategyLanguage.Function.BuiltIn;
using Fx2GoCommon;

namespace Broker.StrategyLanguage.Strategy {

namespace(名前空間)は、 クラスを種類ごとに分けて管理するための機構です。

Strategyという名前空間(フォルダー)にいろいろなストラテジーを作ります
そのStrategyという名前空間は、StrategyLanguageという名前空間に入っていて、
更にBrokerという名前空間に入っています

同様に
using Broker.StrategyLanguage.Function.BuiltIn; の部分では
BuiltInが Functionの中に、それがStrategyLanguageの中に、
それがBrokerの中に入っています。

既存のファンクションを呼び出すには
Broker.StrategyLanguage.Functionの次に .ファンクション名を書きますが
usingを使って始めに構造を示しておくと
いきなりファンクション名を書いて呼び出すことが出来ます。

コラム執筆陣:松田哲、吉田恒、陳満咲杜、マット今井
FX ポータル
松田さん ユーロドルの行方
吉田さん ドルキャリーの反転で
陳さん  ドル反転予想ははずれ
今井さん ユーロドルはもうそろそろ

参考になったらクリックよろしく 人気blogランキング

fxcmのストラテジートレーダーはこちら
外国為替のFXCMジャパン
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fxrun.blog55.fc2.com/tb.php/1617-db6edc2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。