FX取引ルール確立のために

取引方針が定まらぬ臆病者の外国為替証拠金取引の行方。 取引ルールの柱にテクニカルな売買サインを導入中。システム開発状況を全て公開。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Initialize 2

復習も兼ねて stochastics_slowストラテジーの Initialize の部分の意味を確認します。


protected override void Initialize() {

// TODO : assign inputs here
m_priceh = Bars.High;
m_pricel = Bars.Low;
m_pricec = Bars.Close;
m_stochastic1.priceh = priceh;
m_stochastic1.pricel = pricel;
m_stochastic1.pricec = pricec;

m_stochastic1.stochlength = new SeriesExpressionInt32(delegate { return stochlength; });

Int32は、32 ビット符号付き整数の型
(SeriesExpressionの次にInt32と書いてあるのですが、ブログの言語でも使っているのじゃ表示されません)
(とりあえず< >を削除して記載します)
stochlengthの値を m_stochastic1の stochlengthに入れる

m_stochastic1.length1 = new SeriesExpressionInt32(delegate { return smoothinglength1; });
m_stochastic1.length2 = new SeriesExpressionInt32(delegate { return smoothinglength2; });
m_stochastic1.smoothingtype = new SeriesExpressionInt32(delegate { return smoothingtype; });
m_stochastic1.ofastk = m_ofastk;
m_stochastic1.ofastd = m_ofastd;
m_stochastic1.oslowk = m_oslowk;
m_stochastic1.oslowd = m_oslowd;

m_value1 = default(double);

m_value1に実数0を入れる

m_ofastk.DefaultValue = 0;
m_ofastd.DefaultValue = 0;
m_oslowk.DefaultValue = 0;
m_oslowd.DefaultValue = 0;

m_oslowdの DefaultValueとして0を入れる

}

コラム執筆陣:松田哲、吉田恒、陳満咲杜、マット今井
FX ポータル
今井さん ユーロドル、10月は下がらない
松田さん ユーロドルの行方
吉田さん ドルキャリーの反転で
陳さん  ドル反転予想ははずれ

参考になったらクリックよろしく 人気blogランキング

fxcmのストラテジートレーダーはこちら
外国為替のFXCMジャパン
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2010/10/18(月) 11:39:38 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fxrun.blog55.fc2.com/tb.php/1615-98986a8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。