FX取引ルール確立のために

取引方針が定まらぬ臆病者の外国為替証拠金取引の行方。 取引ルールの柱にテクニカルな売買サインを導入中。システム開発状況を全て公開。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Execute 1

MACDストラテジーの Execute の部分の意味を確認します。
と言っても殆どよく分かりません
とりあえず そうだからそうだ ということで



protected override void Destroy() {}

Executeの前にDestroyがついています
何なのかよく分かりません
インジケータの段階でもついています
試しに削除してみましたが、変化なく動作しました

protected override void Execute(){
m_mymacd.Value = m_macd1[0];

[ ]は配列の宣言に係るという説明がありましたが、これまたよく分かりません。
0と言うのも何の0なのか不明です
大きな数字を入れるとサインが出なくなります

m_macdavg = m_xaverage1[0];
m_macddiff.Value = (m_mymacd.Value - m_macdavg);

m_macddiff.Valueというのは、m_mymacd.Value と m_macdavg の差です
2つのラインがクロスすると+/-が変わることになります

if ((Functions.DoubleGreater(Bars.CurrentBar, 2) && Functions.CrossesOver(this, m_macddiff, 0))){
m_Order0.Generate();
}

現在バーが2よりも大きく かつ m_macddiffが 0 よりも大きくなったら m_Order0 を実行する
2とは2番目のバーという意味だろうか??
&&は論理演算子で論理積を表す

if ((Functions.DoubleGreater(Bars.CurrentBar, 2) && Functions.CrossesUnder(this, m_macddiff, 0))){
m_Order1.Generate();
}

現在バーが2よりも大きく かつ m_macddiffが 0 よりも小さくなったら m_Order1 を実行する

コラム執筆陣:松田哲、吉田恒、陳満咲杜、マット今井
FX ポータル
陳さん  ドル反転予想ははずれ
松田さん なんちゃって介入、本物は82円ではないか?
吉田さん ユーロドルは1.3へ
今井さん ユーロドルはもうそろそろ

参考になったらクリックよろしく 人気blogランキング

fxcmのストラテジートレーダーはこちら
外国為替のFXCMジャパン
スポンサーサイト

コメント

配列

どうもです。素晴らしいですね。

配列の[0]は現在のBarですね。
[1]であれば1つ前のBar。
大きすぎるとサインが出ないのは、チャートに表示されてない領域を指すとダメだと思います。
表示されているBarの数を調べると良いかも知れません。

  • 2010/10/15(金) 12:16:43 |
  • URL |
  • SeaStar #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fxrun.blog55.fc2.com/tb.php/1612-6e539489
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。