FX取引ルール確立のために

取引方針が定まらぬ臆病者の外国為替証拠金取引の行方。 取引ルールの柱にテクニカルな売買サインを導入中。システム開発状況を全て公開。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

システムトレードのストラテジーを変更

システムトレードのストラテジーを変更します。
選択基準はいかの通りです。

1 通貨ペアは成績の落ち込みが少ないドル円とする
2 インジケータはストキャスを使うが、フィルターを変更する
3 複数のパラメータ・ストラテジーを使うことでリスクの分散を図る
4 ドローダウンが小さいことを選択基準とする

採用するストラテジーの成績を見てみます
2010.7.4システムドル円成績グラフ
期間は2007年から現在まで
ストキャスティクスはファストとスローを使います
フィルターは、レンジ幅とその平均値の上下関係を使います

グラフの横軸は1取引で8になっているので、最大数を8で割ると全取引数になります。
縦軸の単位は円で、1取引1万通貨の取引です。

詳細は次回から掲載します。

検証にはGFTのdealbook360を使っています
GFT

システム売買ルール

参考になったらクリックよろしく 人気blogランキング

自前の検証をお勧めします
口座開設はこちらから
サザインベストメント
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fxrun.blog55.fc2.com/tb.php/1531-9d72860f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。