FX取引ルール確立のために

取引方針が定まらぬ臆病者の外国為替証拠金取引の行方。 取引ルールの柱にテクニカルな売買サインを導入中。システム開発状況を全て公開。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーロ売りに集中

私情:
ギリシャの実情を知るとこれからもユーロは売られるのじゃないかと思う。
ユーロがらみに集中する。

売買:
ユーロドルが安値更新したら売りポジションを作ることにして、
逆指値注文をしておいた。
23日の朝に約定し、そのまま50pipsほど下落し1.3200まで下げたが、
夕方から買い戻されて含み損状態で週明けを迎えようとしている。
買い戻しの要因は、ギリシャがEUとIMFに正式に支援要請をしたとか。

支援の条件は、増税、公務員給与カット、年金改革、脱税重罰制等々で
2012年までに税制赤字を13%から3%にするとか。
公務員が25%もいる国だから出来るのかな?
国民生活は相当に落ち込み不満タラタラで、みんなで頑張ろうなんて気にもならないだろうし。
今から赤字削減が出来るんなら、今の状況にはなってないと考えるのが普通で、
支援金の返済が無理だと判明するとどうなるか。

支援が実施されても前途多難とみて、しばらくは売りポジション保持で含み損に耐えるつもり。

投信225は、10900でもみ合い。
10500辺りから買い下がりの予定。
下がらなければ諦める。

       *******

松田さん、ユーロドルについてコメント
下落トレンドが継続という内容ですが、レンジに入ったというのが素直な理解だと思います。
レンジを下に抜ければ、下落トレンドが再開ということではないでしょうか。

陳さん、ユーロ安、円安についてコメント

吉田さん、ドル円のアナロジー

今井さん、人民元切り上げは円高要因
レンジ相場の心得

コラム執筆陣:松田哲、吉田恒、陳満咲杜、マット今井
FX ポータル

現在ポジション:
(1000通貨単位)
裁量: EUR/USD 1.3248売り(4/23)
  
システム: なし 
         
225投信: なし 

確定差損益1000通貨単位):
4月 裁量    +287pips 3戦 3勝 0敗 0分け

   システム  0pips  0戦 0勝 0敗 0分

   合計   +287pips 3戦 3勝 0敗 0分け 

(円換算。 10pips以内の損益は、分としてカウントしている) 

実践検証には、1000通貨単位での取引をお勧めします。
ミニミニ大作戦で使っている口座はこちら
外国為替証拠金取引ならFXブロードネットへ

業界最高水準スプレッド0.5銭~

1,000通貨からできる外貨取引

予定とシステムサイン
2010.4.25システムサイン

現在のシステムサイン含み損益
USD/JPY 91.85売り(4/19) -200pips
USD/CHF 1.0551売り(3/17) -170 pips 
EUR/CAD 1.3631買い(4/13) -260pips 
GBP/AUD 1.6393買い(3/31) +180 pips

サインUSD/JPY 91.85売り(4/19)
円安となり94円台まで上昇しました。
94円を維持すると数日で手仕舞サインが点灯します。

94円台のレンジ上限を近日中に抜けるとは思っていませんが、
ユーロ売りに集中するため、ドル円は様子見にします。

サインUSD/CHF 1.0551売り(3/17) 
1.05~1.08のレンジになっています。
レンジ上端まで上昇して戻って来ています。

ユーロドルとの逆相関通貨ですが、ユーロに集中するため様子見にします。

サインEUR/CAD 1.3631買い(4/13)
カナダ買い、ユーロ売りで安値を更新しましたが、
ギリシャ支援要請で買い戻されました。

安値が更新されたので下降トレンドライン(赤)を修正しました。
今のレベルを維持すると数日で手仕舞サインが点灯します。

ユーロドルの売りポジションを持っていますが、
ユーロがまだ買い戻されれば、ユーロカナダの売りを追加する予定です。

サインGBP/AUD 1.6393買い(3/31)
1.64~1.66のレンジが続いていましたが、
金曜に1.6740の高値を付けました。
ただし、その日のうちに戻ってきてしまい、1.65台にいます。

ユーロに比べポンドが元気なので、当分は大きくは下げないようです。
1.66を挟んでもみ合いになりそうです。
次のシステムサインは売りになりそうなので、
それまで様子見でも良いかと思います。

参考になったらクリックよろしく 人気blogランキング
    
検証にはGFTのdealbook360を使っています
GFT

これまでの開発システムソースコード:
モジュール目次

システム売買ルール

自前の検証をお勧めします
口座開設はこちらから
サザインベストメント
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fxrun.blog55.fc2.com/tb.php/1494-b3cd11e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。