FX取引ルール確立のために

取引方針が定まらぬ臆病者の外国為替証拠金取引の行方。 取引ルールの柱にテクニカルな売買サインを導入中。システム開発状況を全て公開。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドルスイス分析 2010.2.6

ドルスイス分析です。
1月30日時点
2010.1.30ドルスイス分析
2月6日時点
2010.2.6ドルスイス

月足:
下降トレンドです。
一旦下降トレンドライン(黒)を上に抜けましたが、再び安値に向かっています。

週足:
黒の下降トレンドラインに絡んで推移していましたが、
赤の下降トレンドラインが形成されるかどうか。
1.10手前に分厚い価格停滞層があります。

日足:
黒の下降トレンドラインから離れて以前のレンジ下端ライン近辺まで上昇しました。
反落してオレンジ色のラインに沿って下落調整後、上に抜けました。
29日に以前のレンジ下端水平ラインも越え、更に上昇しました。
1.10手前の分厚い価格停滞層の中に入っています。

4時間足:
黒の上昇トレンドラインを3日にわずかに割りましたが、
日足終値ベースで維持して上昇しています。

売買:
「4時間足のトレンドとユーロドルの動向を見つつ、押し目があれば買い」の予定でした。
それが3日のトレンドラインタッチだったのだと気がついた時はすでに遅く、
買い場を失いました。

1.10--1.05のレンジに入ると予想すると
トレンドラインまで下がれば買いとなります。
それまで様子見です。

参考になったらクリックよろしく 人気blogランキング
    
検証にはGFTのdealbook360を使っています
GFT

これまでの開発システムソースコード:
モジュール目次

システム売買ルール

自前の検証をお勧めします
口座開設はこちらから
サザインベストメント
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fxrun.blog55.fc2.com/tb.php/1420-afbe0392
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。