FX取引ルール確立のために

取引方針が定まらぬ臆病者の外国為替証拠金取引の行方。 取引ルールの柱にテクニカルな売買サインを導入中。システム開発状況を全て公開。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドル円分析2010.1.30

ドル円分析です。
2010.1.30ドル円分析

月足:
長期下降トレンドです

週足:
赤の下降トレンドラインに迫りましたが、押し戻されました。
多くの人がこのトレンドラインを見ています。
このラインを挟んだ攻防が予想されます。

日足:
3本の下降トレンドラインがあります。
一番下のラインは、12月4日の雇用統計で上抜けましたが、
すぐに戻されて売り買いが交錯したのが読み取れます。

そこを抜けて上昇し、2番目のライン(黒)を少し抜けましたが戻されています。
このラインは去年の4月から始まっています。
その上の赤いラインは、2007年から始まる下降トレンドラインです。
この2本のラインを上に抜けると3年近い下降トレンドが終わったことになります。

レジスタンスラインに跳ね返されているので、まだ下降トレンド継続中です。

4時間足:
94円手前から下落トレンドに復帰しています。
経済指標が良かったため下げ止まりましたが、上は重い感じがします。
しかし、89円のサポートも堅いようです。

売買:
売りですが、どこで売るか。
91円を越えないなら売り、越えても92円手前で売り。
いずれも直近高値更新で損切り。

参考になったらクリックよろしく 人気blogランキング
    
検証にはGFTのdealbook360を使っています
GFT

これまでの開発システムソースコード:
モジュール目次

システム売買ルール

自前の検証をお勧めします
口座開設はこちらから
サザインベストメント
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fxrun.blog55.fc2.com/tb.php/1412-371b2201
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。