FX取引ルール確立のために

取引方針が定まらぬ臆病者の外国為替証拠金取引の行方。 取引ルールの柱にテクニカルな売買サインを導入中。システム開発状況を全て公開。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

売買比率調査2010.1.16

システム対象通貨の各社の売買比率を調べてみた。

これはあくまでも日本にあるFX取次会社のポジションです。
値動きを支配しているインターバンク取引のそれとは異なります。
以下の会社での取引は、ほとんどが日本人と思われます。
従ってあくまでも日本人の売買傾向という感じかと思います。
2010.1.16売買比率

コメント:
1 USD/JPYは、平均値で62.5%が買いです。
  FXCM、外為どっとコム、三菱フューチャーズが70%台の買いなのに比べて、
  東京金融取引所(クリック365)では63%が売りになっています。
  年末の傾向と同じです。

2 USD/CHFは、平均値で82%が買いです。
  年末から変わりません。
  対円よりも買いの比率が高いのも継続しています。

3 EUR/CADは、95%が買いです。
  サンプル数が2社しかありませんが。
  年末から変わりません。

4 GBP/AUDは、52%が買いです。
  もみ合い中なのを反映しているのでしょうか。
  年末から大きな変化はありません。

5 他の通貨ペアで特徴的なのは、金利の高いAUDがらみでAUD買いがほとんどということです。
  やはりスワップ狙いの長期保有の人が多くいると思われます。


参考までに各社のホームページのURLを掲載しておきます。
MJ
FXCM
東京金融取引所(クリック365)
   下段の為替売買動向をクリック
外為どっとコム
   中段のポジション比率情報をクリック
NTT
三菱フューチャーズ
   レポートをクリック
マネーパートナーズ

ついでに海外も
シカゴ先物

参考になったらクリックよろしく 人気blogランキング
    
検証にはGFTのdealbook360を使っています
GFT

これまでの開発システムソースコード:
モジュール目次

システム売買ルール

自前の検証をお勧めします
口座開設はこちらから
サザインベストメント
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fxrun.blog55.fc2.com/tb.php/1396-07dc4502
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。