FX取引ルール確立のために

取引方針が定まらぬ臆病者の外国為替証拠金取引の行方。 取引ルールの柱にテクニカルな売買サインを導入中。システム開発状況を全て公開。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドル円分析2010.1.9

ドル円分析です。
重要なところに来ているようです。
2010.1.9ドル円分析
月足:
長期下降トレンドです

週足:
赤の下降トレンドラインに迫っています。
多くの人がこのトレンドラインを見ています。
このラインを挟んだ攻防が予想されます。

日足:
3本の下降トレンドラインがあります。
一番下のラインは、12月4日の雇用統計で上抜けましたが、
すぐに戻されて売り買いが交錯したのが読み取れます。

そこを抜けて上昇し、現在は2番目のライン(黒)にタッチしています。
このラインは去年の4月から始まっています。
その上の赤いラインは、2007年から始まる下降トレンドラインです。
この2本のラインを上に抜けると3年近い下降トレンドが終わったことになります。

だからと言って上昇トレンドが始まるとは誰も考えていないと思われます。
しばらくはレンジ相場になるというのが普通の考えです。

まずは94円を確実の越えるかがポイントです。

4時間足:
ドルの買い戻しで短期の上昇トレンドを形成しています。
しかし、94円台と95円台にレジスタンスラインが並んでいて
ここを抜けるのは苦労しそうに見えます。

一方、91円台にもサポートラインがあります。
雇用統計の結果が良くなかったのでドルが売られましたが、
この先も売られてゆくのか注目されます。

売買:
短期上昇トレンドライン割れが94円以上なら売り。
91円前半まで下落して反転すれば買い。

参考になったらクリックよろしく 人気blogランキング
    
検証にはGFTのdealbook360を使っています
GFT

これまでの開発システムソースコード:
モジュール目次

システム売買ルール

自前の検証をお勧めします
口座開設はこちらから
サザインベストメント
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fxrun.blog55.fc2.com/tb.php/1387-598cf40a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。