FX取引ルール確立のために

取引方針が定まらぬ臆病者の外国為替証拠金取引の行方。 取引ルールの柱にテクニカルな売買サインを導入中。システム開発状況を全て公開。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年間値幅で2010年を予測

新しい年も近いので年間値幅を確認してみます。

以下は、2000年以後のドル円の12か月間の値幅を月足チャートに示しています。
2009.12.26 12か月値幅
インジケータのソースコードはこちら

下段のグラフのピンク線は、その月を基準にして12カ月前までの値幅を示しています。
灰色線は、その20本分の単純移動平均線です。

2000年以降の
  最高値幅は 28.4
  最低値幅は 10.1
  中間値は  19.25
になります。

現在の高値は 101.44  
   安値は 84.80

仮に2010年の値幅が19.25だとすると
  高値が101.44なら 安値は82.19
  安値が84.80なら 高値は104.05
になります


日本は、民主党への政権交代で政治状況が混乱しています。
決して円にとって良い環境ではなさそうです。
それでも90円前後で推移しています。
これがもっと良い政治経済状況だったなら、80円割れがとっくに達成しているかもしれません。

米国の経済状況は、雇用状況が改善されるまではダウが上げても信用できません。
米国政府は、ドルが暴騰しても困るし、暴落しても困るようです。
そうならないようにいろいろな操作をする筈です。

この辺を頭に入れてレンジをもうちょっと拡大すると
80円から105円というレンジが浮かんできます。
常識的ですが。


参考になったらクリックよろしく 人気blogランキング
    
検証にはGFTのdealbook360を使っています
GFT

これまでの開発システムソースコード:
モジュール目次

システム売買ルール

自前の検証をお勧めします
口座開設はこちらから
サザインベストメント
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fxrun.blog55.fc2.com/tb.php/1373-8eba7303
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。