FX取引ルール確立のために

取引方針が定まらぬ臆病者の外国為替証拠金取引の行方。 取引ルールの柱にテクニカルな売買サインを導入中。システム開発状況を全て公開。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

損切りも新戦略の検討中

私情:
ただ今、新戦略の検討中。

売買:
ユーロカナダが続落して逆指値が約定した。
12月の初戦は敗退。

投信225の8日終値10200。
1万円を越しの続伸で、2ポジションを利益確定した。
上がれば順次決済して行く予定。

日経連動上場投信は手数料無料の松井証券

松田さんの「ドル円売り方針を堅持」と「お休みの勧め」
コラム執筆陣:松田哲、マット今井、吉田恒、陳満咲杜
FX ポータル

現在ポジション:
(1000通貨単位)
裁量: EUR/CAD 1.5681買い(12/4)→1.5585損切り(12/8)(-82pips)
システム: なし
         
225投信: 10150 10050、9950, 9880, 9650, 9540, 9280, 9200 

確定差損益1000通貨単位):
12月 裁量    -82pips 1戦0勝1敗0分
   システム  0pips 0戦0勝0敗0分
   合計    0pips 0戦0勝0敗0分
(円換算。 10pips以内の損益は、分としてカウントしている) 

実践検証には、1000通貨単位での取引をお勧めします。
ミニミニ大作戦で使っている口座はこちら
外国為替証拠金取引ならFXブロードネットへ

業界最高水準スプレッド0.5銭~

1,000通貨からできる外貨取引

FX

予定とシステムサイン
2009.12.8通貨比較

サインUSD/JPY  90.19買い(12/7) 
先週金曜の雇用統計で上げたため、月曜に買いサインが点灯しました。
しかし、やはり上値は重く、様子見をしている間に88円半ばまで落ちて来ました。
91円後半がとりあえずの上限のようです。

「今年に入って雇用統計で上げたドル円は必ず落ちてくる」という傾向は、今回にも当てはまるようです。

戻りを売りたいところです。

サインUSD/CHF  1.0260買い(11/2)
サイン損益は、現在含み損60pips程度まで減りました。
ドテン売りサインが点灯しそうでしない状態が続いています。
サイン点灯から1カ月以上が経過しています。
パラメータが大きいのでなかなか手仕舞になりません。

k値は65%まで上げました。80-90%の辺りで売りたい感じです。
ドルの上昇が始まるというよりは、下落後のもみ合いだと思います。

サインEUR/CAD 様子見
1.5895買い(11/27)→ 1.5688損切り(12/7)(-207pips)
月曜に損切り手仕舞サインが点灯しました。

裁量でレンジの下端で買いの裁量ポジションをつくりましたが、
安値を更新してストップ(1.5585)が約定しました。

この通貨の面白い傾向を発見しました。
ストラテジーに使えるか検討中です。

サインGBP/AUD 1.7959 売り(12/2)
サイン損益は60pips程度の含み益。
雇用統計後の1.81近辺まで上げましたが、戻ってきています。
k値はレンジの半ばで推移しています。どちらもありの感じです。

7月から始まった長期下降トレンドから反発して、もみ合いに入ったと見ます。
問題はレンジの端がどこなのか? ということ。
下げれば1.77を目指しそうですが。
資源通貨が買われる展開があるかどうか?

参考になったらクリックよろしく 人気blogランキング
    
検証にはGFTのdealbook360を使っています
GFT

システム売買ルール

自前の検証をお勧めします
口座開設はこちらから
サザインベストメント
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fxrun.blog55.fc2.com/tb.php/1349-f389874f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。