FX取引ルール確立のために

取引方針が定まらぬ臆病者の外国為替証拠金取引の行方。 取引ルールの柱にテクニカルな売買サインを導入中。システム開発状況を全て公開。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資源通貨が買われる展開があるかどうか

私情:
もう12月です。
FX業界のキャンペーンがイマイチパットしません。
「スプレッドを狭くしました」とか「xx万通貨の取引をしてくれたら」とかいうパターンが多い。
去年までは、既存の顧客を対象に入金額に応じてキャッシュバックするものがあったが、
淘汰の時代に入って台所事情がいろいろありそうです。

AFTが新たにFX会社を立ち上げるようですので、キャンペーンも期待しています。

売買:
様子見です。

投信225の2日終値9700。
9000円までは下がらずに少し反発しています。
チャート的には、反発もこの辺まででしょうか。
1万円までは届かないと思っています。

日経連動上場投信は手数料無料の松井証券

松田さんの「ドル円売り方針を堅持」と「お休みの勧め」
コラム執筆陣:松田哲、マット今井、吉田恒、陳満咲杜
FX ポータル

現在ポジション:
(1000通貨単位)
裁量: なし
システム: なし
         
225投信: 10150 10050、9950, 9880, 9650, 9540, 9280, 9200 

確定差損益1000通貨単位):
12月 裁量    0pips 0戦0勝0敗0分
   システム  0pips 0戦0勝0敗0分
   合計    0pips 0戦0勝0敗0分
(円換算。 10pips以内の損益は、分としてカウントしている) 

初心者と負けたくない人には、1000通貨単位での取引をお勧めします。
ミニミニ大作戦で使っている口座はこちら
外国為替証拠金取引ならFXブロードネットへ

業界最高水準スプレッド0.5銭~

1,000通貨からできる外貨取引

FX

予定とシステムサイン
このところ雇用統計前にはポジションを落ちたくない気分が続いています。
リスクを回避するには、ノーポジションがいいと思います。
いつでもどちらに行くか分からないのが相場ですが、
あえて大きく動くときにやる必要はないと思えるようになりました。

サインUSD/JPY  様子見 
システムサインも様子見です。
88円台があれば目をつむって売ります。
87円半ばで売りを検討します。

サインUSD/CHF  1.0260買い(11/2)
サイン損益は、現在含み損280pips程度です。
ドテン売りサインが点灯しそうでしない状態が続いています。
ドル安継続ならここで売ることになりますが、かなり迷います。

サインEUR/CAD  1.5895買い(11/27)
サインは、レンジの上の方でドテン買いになりました。
サイン損益は130pips程度の含み損。
このレベルで明日手仕舞サインが点灯します。
ドテンにはなりません。

逆サインになる相場が続いています。
レンジの端で売買するのが良さそうに思えます。
1.56台の買い、1.59台の売りを検討中。

サインGBP/AUD 1.7817 売り(10/19)
1.7817買い(10/19)→ 1.7959決済(12/2)(+142pips)
本日ドテン売りサインが点灯しました。
最高で500pipsの含み益があったのですが、142pipsで終了となりました。
相変わらずの手仕舞べたです。

新たな売りサインが出てから70pipsほど下落しましたが、現在は売値に戻っています。
気分でやるような相場ではないのは重々承知ですが、
このまま上げて行かないなら、短期でポジションを持ってみようかという気分です。

7月から始まった長期下降トレンドから反発して、もみ合いに入ったと見ます。
問題はレンジの端がどこなのか? ということ。
下げれば1.77を目指しそうですが。
資源通貨が買われる展開があるかどうか?

参考になったらクリックよろしく 人気blogランキング
    
検証にはGFTのdealbook360を使っています
GFT

システム売買ルール

自前の検証をお勧めします
口座開設はこちらから
サザインベストメント
スポンサーサイト

コメント

たびたびすみません

今度は、
どうなるのだろうから、
作ってみたくなったインジケータなのですが、
移動平均線の動きを全く逆にしてみたら
意外とここまでで上がり止め
ここまでで下がり止め
など分かったらおもしろいなと思ってみましたが

indicator a1_ema3pon_KK;

input price = close,
ema1period = 26,
ema2period = 52,
ema3period = 75;

draw ema1("ema26",solid_line,magenta),
ema2("ema52",solid_line,yellow),
ema3("ema75",solid_line,green),
ema4("-ema26",solid_line,dark_magenta),
ema5("-ema52",solid_line,dark_yellow),
ema6("-ema75",solid_line,dark_green);

vars lst(number);

begin

lst := back(close);
if lst <= front(close)+100 then return;

ema1 := (ema(price, ema1period));
ema2 := (ema(price, ema2period));
ema3 := (ema(price, ema3period));

ema4 := -ema1;
ema5 := -ema2;
ema6 := -ema3;

end.

これだと
ema4 := -ema1;
ema5 := -ema2;
ema6 := -ema3;
だけが普通の移動平均線で表示されるだけでした。
よい方法あるのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Re: たびたびすみません

kouzyさん

> 移動平均線の動きを全く逆にしてみたら
> 意外とここまでで上がり止め
> ここまでで下がり止め
> など分かったらおもしろいなと思ってみましたが

作りたいものの意味が良くわかりません。
具体的に説明してください。


> ema4 := -ema1;
{emaはシリーズ(数値の並び)なのでこれにマイナスをつけても意味をなさないのではないかと思います }
> ema5 := -ema2;
> ema6 := -ema3;

  • 2009/12/03(木) 16:24:50 |
  • URL |
  • bingodog #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fxrun.blog55.fc2.com/tb.php/1345-d4fbb40e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。