FX取引ルール確立のために

取引方針が定まらぬ臆病者の外国為替証拠金取引の行方。 取引ルールの柱にテクニカルな売買サインを導入中。システム開発状況を全て公開。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

function PlusDI のマルチタイムフレーム化 4

Directional Movement のマルチタイムフレーム化です。
function PlusDI のマルチタイムフレーム化を実施するために
高値のマルチタイムフレーム化をしています。

前回作ったファンクションが正しく動作しているかを検証するためには、
インジケータが必要です。そのソースコードを掲載します。

実際に動作させるには、func_barminute() というファンクションがインストールされている必要があります。
モジュール集からコピーしてください。
モジュール集の目次
//////////////////////////////
indicator ind_high_multi;
input timeframe = 30, NYclose_time =6 ;
draw line_high("high");
begin
line_high := func_high_int( timeframe , NYclose_time );

end.
/////////////////////////
めでたく第一段階をクリヤーしました。


参考になったらクリックよろしく 人気blogランキング

検証にはGFTのdealbook360を使っています
GFT
GFTの紹介ブログ記事

システム売買ルール

モジュール集の目次

自前の検証をお勧めします
口座開設はこちらから
FX
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fxrun.blog55.fc2.com/tb.php/1314-52e15afc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。