FX取引ルール確立のために

取引方針が定まらぬ臆病者の外国為替証拠金取引の行方。 取引ルールの柱にテクニカルな売買サインを導入中。システム開発状況を全て公開。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CTLによる連続注文の取り消し

CTLによる連続注文(P & C = Parent and Contingent Order)の検証の続きです。

下記のプログラムを実行してみましたが、
2つの注文の一方が約定しても、もう一方の注文はキャンセルされません。
「pc_order ** , pair **」で行った注文は、cancel命令で取り消せないようです。
////////////////////
strategy PC_Test1;

vars lots=1, Period=3, MA(series);
begin
MA := ema(close, Period);

if (positionvolume() = 0) then begin
if crossup (close, MA) then
pc_order(buy(lots),
pair(stop_sell(lots,close[back(close)]-0.0005),limit_sell(lots,close[back(close)]+0.0005)));
end;

if (positionvolume() = 0) then begin
cancel_all_stops();
cancel_all_limits();
end;

end.
////////////////////////

ということは、将来的に「pc_order ** , pair **」で行った注文にOCO動作を適用させる予定がある
ということではないかと思います。

結局、「pc_order ** , pair **」は、今のところ使いようがないと思われます。


最新バージョンでの変更点は以下になります
変更点の概要
変更点(英語)


検証にはGFTのdealbook360を使っています
GFT

システム売買ルール

モジュール集の目次

参考になったらクリックよろしく 人気blogランキング

自前の検証をお勧めします
口座開設はこちらから
FX
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fxrun.blog55.fc2.com/tb.php/1299-a34c3b01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。