FX取引ルール確立のために

取引方針が定まらぬ臆病者の外国為替証拠金取引の行方。 取引ルールの柱にテクニカルな売買サインを導入中。システム開発状況を全て公開。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連続注文(P & C = Parent and Contingent Order)の検証をしました

CTLによる連続注文(P & C = Parent and Contingent Order)の検証をしました。

1 サンプルプログラムに誤りがあります。
そのままでは動作しません。(エラーメッセージが表示されます)
以下は訂正(赤字部分)したものです。
///////////////
strategy PC_Test;
vars lots=1, Period=3, MA(series);
begin
MA := ema(close, Period);
if crossup (close, MA) then
pc_order(buy(lots), pair(stop_sell(lots,close[back(close)] - 0.0020),Limit_Sell(Lots,close[back(close)] +
0.0020)));
end.
////////////////

2 「ストップまたはリミットの注文が約定されるともう一方の注文が取り消されるのではないか」
と思ったのですが、結果は注文が残ります。
取り消し命令が必要になります。

英文解説の以下の意味は、注文が取り消されないという意味のようです。
Please note that OCO orders are not yet supported.

以前作った指値注文プログラムに、
連続注文(P & C = Parent and Contingent Order)をあてはめてみたいと思います。
検証後、掲載します。


最新バージョンでの変更点は以下になります
変更点の概要
変更点(英語)


検証にはGFTのdealbook360を使っています
GFT

システム売買ルール

モジュール集の目次

参考になったらクリックよろしく 人気blogランキング

自前の検証をお勧めします
口座開設はこちらから
FX
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fxrun.blog55.fc2.com/tb.php/1298-e39022d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。