FX取引ルール確立のために

取引方針が定まらぬ臆病者の外国為替証拠金取引の行方。 取引ルールの柱にテクニカルな売買サインを導入中。システム開発状況を全て公開。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の戦略・ドル円値幅情報 2009.8.2

値幅、トレンドライン、サポート・レジスタンスを基本に戦略を検討します。

GFT dealbook360のデータを自作インジケータを使って調べました。

************************
今週の戦略・ドル円値幅情報 2009.8.2

日値幅(8/1時点 日足使用)
直近5日平均 1.12
直近20日平均 1.20
2000年以降 最高 7.97(2008.10.31)

週間値幅(8/1時点 週足使用)  
7/27-7/31  1.87
直近5週平均 2.60
直近20週平均 3.02
2000年以降 最低 0.80、 最高 11.50(2008.10)

月間値幅(6月末時点 月足使用)
2009年
6月 4.44
5月 5.93
4月 5.82
3月 6.13
2月 10.12
1月 7.51
2008年
12月 8.44
11月 6.99
10月15.62
9月 5.66
8月 3.20
7月 4.60
6月 4.71
5月 3.31
直近5か月平均 7.60→ 6.49
直近12か月平均 6.84→ 7.04
2000年以降 最低 2.29、 最高 15.62(2008年10月に更新されました)

4月~6月は、6円を下回っている。
金融不安の沈静化に伴い値動きが小さくなって、
去年の9月以前と同じレベルになってきた。
2009.8.2月足

4月に下降トレンドラインに近づいたが、
5月はラインから離れていった。
6月は5月の範囲内での動きでレンジを形成、
7月となってレンジを下に抜けたが抜け切れず、
結局レンジ内に戻ってきている。

2007年6月以前は、おおむね6円以下の月値幅で推移している。
2007年7月(123円)から2008年3月(95円)までの下落後、
4月から8月までは月値幅6円以下で上昇した。
その後9月(109円)から2009年1月(87円)まで下落後、
2月に大きく上げた後、3月から5月は6円前後で推移している。

月値幅6円というのが大相場の分水嶺になっている。

ドル円相場と戦略:
7月は現在までで5.25円。6円を越すことはなさそうです。
2009.8.2週足

週足です。
下降トレンドラインが99円半ばにいます。
ここを抜けるまでは下落トレンドが持続していると考えます。
2009.8.2日足

日足チャートです。
日足の4本の指数移動平均線が横向きです。
sma40下向き、sma100も下向きになっています。
白線の下降チャネルの上端に近づいている。
2009.8.2時間足

4時間足チャートです。
赤線は、自作CTL(レジスタンス・サポートインジケータ)で引いたレジスタンス、サポートライン。

91円台にある3本のサポートラインを抜けられずに反転しました。
94.72を上に抜けて、95.88まで上昇しました。
予想は上げても95円前半でしたが、95円後半まで上げました。
レジスタンスは96円前後に2本あります。
サポートは94円から0.5円刻みにあります。

売買:
96円を超えなければ売る予定でしたが、のんびり構えているうちに下げました。
と言っても94円半ばまでなので、また95円前後を推移すると思われます。
再び96円を超えなければ売る予定も、
上下良く分からないので、無理する場面ではないというスタンス。

コメンテイターも意見が分かれる
FX ポータル

2009.8.2ドル円サイン

システムサインは日足、8時間足ともに94.19で買いです。
50pips弱の含み益。
kラインが%kの相当上にいるので、手仕舞いは当分ない。

実取引は1000通貨単位から売買可能のこちらの口座で行っています。


参考になったら、励みのクリックよろしく 人気blogランキング
banner_11.gif

検証にはGFTのdealbook360を使っています
自前の検証をお勧めします
dealbook360口座開設はこちらから
FX
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fxrun.blog55.fc2.com/tb.php/1231-ea92daf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。