FX取引ルール確立のために

取引方針が定まらぬ臆病者の外国為替証拠金取引の行方。 取引ルールの柱にテクニカルな売買サインを導入中。システム開発状況を全て公開。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジア時間帯高値安値インジケータ

昔作ったアジア時間帯の高値安値を示すインジケータを作り直しました。

1日の高値安値インジケータ(ind HL market2)をベースにして、
高値安値更新部分をアジア時間に限定しています。
以前作ったものに比べると圧倒的に簡単になりました。
全ての時間足のチャートに適合しています。

ソースコードは続きを読むを参照してください。

ソースコードは、GFTのdealbook360に対応しています
GFT

実取引は1000通貨単位から売買可能のこちらの口座で行っています。


参考になったら、励みのクリックよろしく 人気blogランキング
banner_11.gif

検証にはGFTのdealbook360を使っています
自前の検証をお勧めします
dealbook360口座開設はこちらから
FX
indicator ind_HL_asia;
input Europe_open_time = 16, NY_Close_time = 7;
draw market_high("market high",dot_line,dark_red), market_low("market low",dot_line,dark_red);
vars old(number), new(number), i(number), j(number), k(number),
current_high(number), current_low(number);
begin
old := front(close);
new := back(close);
if new < old then return;

current_high := close[old];
current_low := close[old];
j := old;

/* 過日の高値安値 */
for i := old+1 to new do begin
if hour(timestamp[i]) >= NY_Close_time and hour(timestamp[i-1]) < NY_Close_time
  then begin
{ NYクロ-ズ時刻になると前日のアジア時間帯の安値高値を描く }
for k := j to i-1 do begin
  if i > 0 then begin
  market_high[k] := current_high;
  market_low[k] := current_low;
  end;
end;
{ 暫定高値安値の初期設定 }
current_high := close[i];
current_low := close[i];
j := i;  { jは直近のNYクロ-ズ時刻 }
end;
{ アジア時間帯の高値安値の更新 }
if hour(timestamp[i]) >= NY_Close_time and hour(timestamp[i]) < Europe_open_time
then begin
if high[i] > current_high then current_high := high[i];
if low[i] < current_low then current_low := low[i];
end;
end;

/* 本日のアジア時間帯の高値安値 */
for k := j to new do begin
market_high[k] := current_high;
market_low[k] := current_low;
end;
end.
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fxrun.blog55.fc2.com/tb.php/1166-75f683da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。