FX取引ルール確立のために

取引方針が定まらぬ臆病者の外国為替証拠金取引の行方。 取引ルールの柱にテクニカルな売買サインを導入中。システム開発状況を全て公開。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MT4はどうしても必要なものなのか

昨日、”MT4には日足に日曜のバーがある”と書いたら複数の読者の方から
”サーバーによって異なる”とのアドバイスをいただきました。
ありがとうございます。

どうも取扱い業者によって仕様が異なるようです。
営業上の都合でしょうが、無料で使わせてもらっているわけで、
文句も言えない立場です。

でも、何考えてるんだろうか?
個別仕様の変更で商売してるんでしょうか?
言語変更でいくら、時刻管理変更でいくら、レートのグローバル化でいくら等々
ロシアの人は商売上手?

それぞれの日足チャートを並べてみます。

ODL:
2009.5.9日足ODL
120x60.gif

121:
2009.5.9日足121




フォーチュン:
2009.5.9日足fortune
フォーチュンキャピタルMT4

GFTを加えた4つの比較:
2009.5.9日足比較
左からGFT、121(MT4)、フォーチュン(MT4)、ODL(MT4)

121以外は、GMTの日付けを採用。
121は、日付切り替えの時刻がよく分からない。
MT4以外のシステムでは、日本時間の昼ごろだったような記憶がある。

1週間のバーの本数と日付表示は、
GFT      5本 月--金
121      6本 月--土
フォーチュン 6本 日--金
ODL      6本 日--金

フォーチュンとODLは、ほぼ同じ。

直近終値は、98.45--98.47でほぼ同じ。

このほかにも海外サイトがある。1週5本のチャートもあるとのこと。
要するにそれぞれ違うからそれに合わせて考える、ということ。
なんだか”どうしても必要なものなのか”という気がしてくる。

参考になったら、励みのクリックよろしく 人気blogランキング
banner_11.gif
FX ポータル
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fxrun.blog55.fc2.com/tb.php/1140-04ec72ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。