FX取引ルール確立のために

取引方針が定まらぬ臆病者の外国為替証拠金取引の行方。 取引ルールの柱にテクニカルな売買サインを導入中。システム開発状況を全て公開。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レジスタンスサポートインジケータの検証機能の使い方と例

先日ソースコードを掲載したレジスタンスサポートインジケータ(ind resistance support 3 back) の検証機能の使い方と例を示します。

ソースコード:
レジスタンスサポートインジケータ
dealbook360とchartstudioを使って表示させます。
GFT

使い方:
1 入力項目のdaybeforeに戻す日数を入れる。
2 赤線の高値安値ラインが日数分だけ過去の状態を表示する。
3 価格のバーは現在状態を表示している
4 以上の表示状態で高値安値ラインと価格バーの関係が見える。
5 ポイントは、どのラインを抜けたのか抜けなかったのか。

事例:
2009.5.2時間足6バック
上のチャートは、安値高値ラインの状態を6日前の4月24日に戻したものです。
この日から下落が始まりますが、その時点での安値ライン95円台に2つあります。
この2つ目の安値ラインで下落が止まりました。
2009.5.2時間足3日前
上はFOMCがあった4月29日の状態です。
FOMCの発表の前に97.10の高値ラインを少しだけ越えました。
この時点で売りポジションを手仕舞いしました。
FOMCの発表を受けて、その上の高値ライン97.92辺りまで上昇しています。

最近の相場感はこちらから。人によって意見が分かれる。
コラム執筆陣:松田哲、マット今井、吉田恒、陳満咲杜
FX ポータル

価格変動が高値安値ラインで止まったり、
高値安値ラインを抜けると加速したりすることがよくあります。
エントリーや手仕舞いのタイミングを計るのにこのインジケータは役に立つと思います。

参考になったら、励みのクリックよろしく 人気blogランキング
banner_11.gif

実取引は1000通貨単位から売買可能のこちらの口座で行っています。


検証にはGFTのdealbook360を使っています
自前の検証をお勧めします
dealbook360口座開設はこちらから
FX
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fxrun.blog55.fc2.com/tb.php/1133-d54ae3ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。