FX取引ルール確立のために

取引方針が定まらぬ臆病者の外国為替証拠金取引の行方。 取引ルールの柱にテクニカルな売買サインを導入中。システム開発状況を全て公開。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピボットインジケータ(PivotPoints_DL)がありました

dealbook360の新バージョンのchart studioを見ていたら、
旧バージョンにはなかったピボットインジケータ(PivotPoints_DL、PivotPoints_DL_Days)がありました。
早速使ってみようとしたのですが、チャートのインジケータ一覧にありません。

CTLをコピーしてインストールすればいいかと思いやったのですが、
やはりだめです。
何か理由があるようですが、タイトルを変更したらインストールできました。

自分で作ったピボットインジケータと比べてみましたが、
ぴたりと一致しました。
表示自体は問題ないようですが、何か問題があるんでしょうか???

PivotPoints_DLのCTLを読んでみると、やはりプロは違うなという感じです。
自作のインジケータを作るには大分苦労した記憶がありますが、
プロはいかに簡単に作るかという視点があるようです。
**************
その後、少しいじってみたら、
問題点は、すべての時間足で動作しないことにあるようです。
starthourの時に分の数値が0でないと表示しません。
25分足とか中途半端なチャートだと表示しないのを確認しました。
この辺がひっそりとchart studioだけにCTLを掲載している理由でしょうか。

他のブロガーの戦略は 人気blogランキング

新バージョンはこちらから
外国為替証拠金取引ならサザインベストメントへ
スポンサーサイト

テーマ:FXでシステムトレード - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fxrun.blog55.fc2.com/tb.php/1026-327f859c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。