FX取引ルール確立のために

取引方針が定まらぬ臆病者の外国為替証拠金取引の行方。 取引ルールの柱にテクニカルな売買サインを導入中。システム開発状況を全て公開。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストキャスティクスシミュレータstepの使い方

ストキャスティクスシミュレータstep

使い方:
1 FBarの数値でモードを切り替えます。
  FBar<0 で通常の表示をします
  FBar=0 で現在バーに対する値をlstpriceの価格に基づいて表示します
  FBar=1 で現在バーに対する値をlstpriceの価格に基づいて、
       1本目の未来バーに対する値をnextpriceの価格に基づいて表示します 
  FBar>=2 で2本目以降数字分の未来バーに対する値をtarget値(k値 0-100)に向かって表示します 

2 lstpriceに現在バーの予想価格を入れて%kラインと%dラインのクロスする価格をさがします。
  %kラインの目標値を探す場合も同様です。
  これを元に指値や逆指値を注文します。

3 市場が開いていない週末では、現在バーの終値がほぼ決まっているので、
  予想したいのは次のバーになります。
  nextpriceに現在バーの次のバーの予想価格を入れ、ラインの状態を見ます。
  これを元に指値や逆指値を注文します。

4 targetとFBarは、更に先の状態(2本目以降の未来)の目安を見るために使います。

  FBarは、現在バーから見た未来バーの本数です。
  5本先まで見たいなら5を入力します。

  targetは、FBarのバー本数で到達するkの値を入れます。%kではありません。
  ストキャスで設定した期間の高値を更新するとしたら100を入力します。
  安値更新なら0を入力します。
  高値と安値の中間値なら50を入力します。

  未来の1本目のkから到達するkまでは直線的に変化します。
  この変化に従って%kと%dが変化して行きます。

他のブロガーの戦略は 人気blogランキング

検証にはGFTのdealbook360を使っています
自前の検証をお勧めします
口座開設はこちらから
FX#fc2_text_ad{margin: 14px 0;}#fc2_text_ad span {display: block;float: none;background: transparent;margin: 0 0 2px;}#fc2_text_ad a {padding: 2px;display: block;}
スポンサーサイト

テーマ:FXでシステムトレード - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fxrun.blog55.fc2.com/tb.php/1019-b472f4ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。